大船山へ!雨ヶ池越え坊がつる part,1


夜、久住の長者原へのりこみ 車中泊...☆



というのも、前回4ピーク制覇した際、時間が足りず後ろ髪引かれる思いで下山しなければならなかった経緯から、いい加減、学習したワタクシ....(^^;

今回こそは真面目に早起きして登る!との意気込みからの前日入りです!



「晴れ」の予報と野生の勘からみても(^^; 星、風、気温....文句なしの条件で、実際翌朝は雲ひとつないような快晴!



いざ、出陣!
と朝7時に登り始めました(^-^;


(これってそんな早いですか?)

登ってないピークを1つ1つ制覇して行く予定で、今回選んだ山は「大船山」

高低差からいうと、牧ノ戸から取り付く山々より少々難易度は高そうです。



経験はまだ少ないですが、それでも色んな山頂に登ってみて思うことは、同じ山のように見えても、それぞれに表情や個性があり全く違っている、と同時に同じ場所でも季節によってガラリとまたその表情を変え、毎回行って登ってみないと解らないという予測のつかなさが魅力でもあるように感じます(^-^;



長者原から雨ヶ池までの途中でサニーに朝ごはんを食べさせ、出発しようかという時、4人組みの若い男女ペアグループが調度下りてこられたのでジョーが上の様子とアイゼンの必要性を聞いていたことに「んっ!?」と思い聞いてみると....


(あぁ~美味しい♪)

「うん。でも大丈夫だと思うし、行ってみて無理そうなら下見ってことで引き返す予定だから♪」.....とジョー...(^^;
確かにサニー連れの私達にとっては現場での柔軟な状況判断の方が大事なのでした...

前日から→早起き→初めての所に登頂するため→山頂行かなきゃ意味がない…



そんな風に一瞬、頭の中で考え方の図式が出来上がりそうになった自分を反省しました...

登頂に囚われ、我を失わなずに済むのはパートナーがいるおかげです。
初心を忘れちゃいけないなと思い返させられました...(*´-`)


(拘らなければ自由自在だったでしょ♪)

前回は、かなり積雪深い時だったので、足元の岩や土は全く姿を隠し雪で覆われた道はフラットそのものだったので、気づきもしないような緩やかな坂道がただただ続いているだけの、優しげな山道だったのです....


〈今回は勿論、雪あり~の↑〉

それが、今回は雪はまだ残っていると言えど、気温が暖かくなって雪が解け、所々土砂のぬかるみができていました....(^^;


〈ぬかるみあり~の....↑〉


〈結構激しい雪解け水あり~の↑〉


〈氷あり~の...↑〉

そのぬかるみに足をとられ滑って倒れそうになるので、歩幅を狭め体のバランスを取りながらペンギンのように進みました(^^;

part,2へ

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R