Cesar911 part 2 /シーザー・ミランの愛犬レスキュー2(その2)





今回放映の「シーザー・ミランの愛犬レスキュー2」は、過去放映されたシーザーの殆どの番組とほぼ同じものなのですが、大きく違うのは問題犬について依頼するのが飼い主本人ではなく、その問題行動によって被害を受けている人が依頼してくる…というスタイルに冒頭の趣向が変わった事です。


(始まるよ~♪)

本来なら被害を受ければ、その犬を通報するなり飼い主を訴えるなり、ネガティヴな対応が取りざたされることが多いと思うのですが、どの被害者も根本的には犬好きであり、その善意故、前向き且つポジティブにシーザーに依頼してくるというシーンは、その地域の犬社会だけではなく人間社会の善意が確信出来るような、新しい「シーザー流儀」の価値が見出されるようで、とても明るい気持ちになる番組構成なのです。

とはいえ、やはり犬の問題行動のほとんどすべては、人間(飼い主、又は被害者…)が持つ、ネガティブなエネルギー(情熱や意図の不在、自信のなさ、憐み…)による結果であって単純にそういう人間の定まらない内面を映し出した姿であることが、今までに比べ明確になっているように感じます。



というのも、問題の犬(問題は飼い主)をどうにかしなくては…と依頼するのは「他人」なので、いざ不意打ちでシーザーに会わせると、真剣に向き合うどころか疑いをもち、まるで曲芸師かマジシャンに対するような失礼極まりない要求をしてみたり…

「じゃあうちの犬が最も敵対心をもっているあの犬でも試してみなさいよ…どうせムリでしょ…(薄ら笑い…)」とでもいうような態度であったり…そんな、犬の飼い主である事以前の、人として疑ってしまうような人物が登場したりするわけです…


(こりゃヒドイですね…)


@@@@


事の重大さから目をそらし、気が狂ったように暴れる自分の犬の心理状態の苦しみを置き去りにしたまま、憐れむだけ憐んで、次の瞬間には涙を流し、このままでは離れ離れにされてしまうとか、処分するしか道はないのかと思うと心が引き裂かれるようで…辛くてしかたありません…
という自己憐憫に浸っている飼い主(これもまたおなじみなのですが)も登場します。

愛犬のために流しているようなその涙は、自分の所有物を失いかねない局面での「自分への涙」にしかどうやっても見えないのです…


@@@@


シーザーメソッドの基本は、どんな状況でも「1st運動、2nd規律、3rd愛情」であって、その上で最も重要になるカギは、飼い主が穏やかでリラックスし自信を持っている事…そして犬たちにもその気分を与えた上で、次の動作に移る事…

これが肝要なのは「ドッグ・ウィスパラー」時代から貫通する概念なのですが、それが少しでも上手くいかないとまた直ぐに自己憐憫へとループする…その繰り返し…というケースもやはり多くレポートされていました。
(※基本の他にも細かい作法はあります)


@@@@


今回のシーザーはこれらのケースに対して、今まで以上にスマートなやり方で対処していました。

例えば飼い主に習い事として「空手教室」を進めてみたり、またその趣味趣向を見抜いてアジ等、ゲーム性のある訓練を進めてみたり…また軍隊あがりのようなドッグトレーナーに委託し、遊びのない厳格な脚側歩行の訓練を体験させてみたり…


(四の五の言うな…!アリサがよく言うやつですね…)

このように、飼い主に対してしばしば直接的な指導を行っている姿は、長いシーザーファンであるわたくしからすると、彼の確信が深まっている様子が想像できました。


( ↑ Cesar''''s T-shirt = Pack of Leader)

とにかく基本をみるだけだと単純なようですが、単純な事を淡々と継続していく事は勿論、一旦形成しきった「自分自身」の内面を変える事は容易ではなく一番難しい事だと思います…

ですから「犬にリハビリを、飼い主には訓練を~」というフレーズは実のところ…

「犬にリハビリを、飼い主にはリハビリと訓練を~」という事に尽きるとわたしは思うのです…


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村




Cesar911 part 2 /シーザー・ミランの愛犬レスキュー2

お久しぶりのシーザーネタです。



数週間前から、シーザー911のpart2が始まってます。
(CESAR TO THE RESCUE /シーザー・ミランの愛犬レスキュー2 )

週五日ウィークデーの一日の終わりに毎日、シーザーと全米ダメ飼い主&お気の毒犬の掛け合いを見て、ワイワイ言えるのはとっても楽しい♪
(  ̄▽ ̄)フフ…


(散々ブチキレながら楽しんでるです!)

日本での放映が暫く無かった間も、シーザーは全世界を飛び回り、講演は勿論、犬の躾に尽力し奮闘するパワフルな日々を過ごしていたようです…

遠く離れた日本の地から彼に、静かに、辛抱強く、地団駄フミフミ、遠吠えしながら…魂のエールを送り続けています(笑)


(↑シーザーのFB~TV出演♪ )

内容についての真面目な話…

今シーズンに登場する様々に個性的で自分本位の飼い主たちは、これまでに増してネガティブパワー全開なのですが、彼らに対するシーザーの対処メソッドは飛躍的に洗練され、合理的になっていました。

もう何年もシーザーを追いかけているわたくしなどから見ても、問題を抱えた飼い主の方々の7割は、犬たちの運動欲求をほとんど満たしてあげていない事に起因しているケースばかりでした。


(↑シーザーのFB~大盛況の講演模様♪)


「ドッグウィスパラー」のシーズンではまず、その運動欲求に対して、お馴染みのローラースケートによるエネルギー発散で対処するシーンの連発でしたが、ドッグサイコロジーセンターをフル活用しての、その運動手法はさらに合理的で犬たちにも無理の無い、スマートなものでした。

周知の通り、愛犬の死や離婚に打ちひしがれた5年前からすると、犬たちに行っていた運動、規律、愛情の方法論を自分に適用して、セルフレスキューした晴れやかな今の姿は感動的なのです。



CSナショジオWILDチャンネルが視聴可能な環境の方には、是非ともオススメです。

それから…



シーザー・ミランの愛犬と幸せに暮らす方法55/Amazon

今更ですが、著作第二弾も発売中です。
一冊目の「あなたの犬は幸せですか」に比べて、内容も翻訳も遥かにわかり易くなっています。5年前のどん底エピソードも詳細に告白してあり、面白く共感できます。



次回のお知らせ~
今回は取り急ぎ、新番組の紹介させてもらいましたが、これはとても【重要】だと思う部分があるので、続いて次回の記事でシーザーの番組、メソッド、心意となるところの説明を私なりに少し話してみたいと思います。


(ガラスのハートの人は気をつけるですよ…)

ハッキリ、ズバリ、バッサリ話させて頂きますので宜しくです!((۳˚Д˚)۳ブッタキール!!!
(大事なことなので2度言う…!)


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村







シーザーミランの愛犬レスキュー!


キ・キ・キ・キタ
━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!



チョッと出遅れたけどそんなの関係ねぇーーッ!(古...)



スカパーの取り付け工事もスムーズに終え....




〈作業を見守る白黒......(  ̄▽ ̄))〉

ジャーーーーーーーンッ!(*≧∀≦*)

犬の気持ちわかります~に引き続き、里親探します~が終わり....

今回また新たに初期の頃と同じ構成で
「シーザーミランの愛犬レスキュー」という新番組が始まったんです!


( アリサの師匠ですね! )

愛犬の様々な問題行動に悩み疲れきった飼い主の元へシーザーが駆けつけるというもの!

初期の頃より貫禄は勿論、飼い主さんへのアドバイスがより明確で洗練され、良い意味で遠慮がなくなって(笑)私としては喜び倍増!(*´∀`)

犬の気持ち~なんかの本当初期の頃は海外の人のイメージに反してシーザーはとても低姿勢過ぎるというか相手を慮り過ぎて遠慮がちな指導というか言葉のチョイスや伝え方が抽象的なものが多かったような印象でした。

しかし、回を重ねる毎に飼い主に伝える「ポイント」が洗練されより的確なものへと進化していきました♪



「犬にはリハビリを。飼い主には訓練を。」
そのコンセプトはそのままなのですが、毎回思う事は人(飼い主)の意識というか考え方を犬にとって本当に良いものへ変換させることが大変なんですよね(^-^;

超がつく短気な私には到~底~無理!(笑)

結局、シーザーの番組や自分の経験を通し、犬という生き物が本来もつ穏やかさやバランスを崩しちゃう飼い主さん達は一貫して共通している点があるように思います。。

それは「自信のなさ」

自信がないのに変な同情をよせ猫可愛がりにしたり....
それは突き詰めてみれば自己の投影であることが多いように思います。



犬は飼い主の鏡であり、犬を見れば飼い主の人となりが分かります。

とにかく、シーザーの番組は超リアルで偽りなしの本ま物です!
「百聞は一見に如かず」です!


( 夜が毎日楽しみですね♪ )

これは!というエピソードがあったら今後紹介していきたいと思います!




シーザーミラン



私の敬愛するシーザーミラン氏

シーザーミランWikipedia
Wikipedia

シーザーミランのオフィシャルサイト
Cesar'' s way

シーザーミラン著書
あなたの犬は幸せですか

彼はカリフォルニア州サウス・ロサンゼルスにあるドッグサイコロジーセンター(犬の心理状態をリハビリする施設)という本拠地を構え「POWER OF PACK」というキーワードの基に活動しています。

そして現在は、捨てられた犬たちを引き取りたいと申し出ている飼い主候補の中から、ベストな飼い主を見つける番組「Leader of the Pack」に取り組んでいます。

その他、NON KILLシェルター、去勢手術推進活動、ペットショップで犬を買わないようにする活動等に力を入れ、シーザーミランファンデーションという組織も設立し、IACP─国際犬専門家協会からも認められているトレーナーです。

IACP IACP

シーザーの存在を知ったのはカリスマドックトレーナー犬の気持ちわかります~という番組でした。


その番組内で、最も面白いシーンは飼い犬が好ましくないダメ行動をとった時、直ぐ注意し「正す」(正すとは怒り等の感情を一切のせずに毅然と伝える事)ところでした。

その正し方の作法とは、犬に毅然と向き合い、確固たるエネルギーでそれを制止するのです(シッ!とか言いながら)

エネルギーと言ってしまうと、その漠然としたとりとめの無さが最初は胡散臭さにつながったりもしました。


しかしその意味合いが、「一歩も引かない気迫」という意味合いで理解された時、全てが私の中でしっくりと噛み合い、この番組全体にはっきりとしたテーマが見えてきました。

番組ではクライアント(依頼者)に対し独特のユーモアと相手を慮った分かりやすい喩えをもって飼い主の迷いや疑問を明確に晴らし教え導きます。

シーザーはよく言います、
「貴女の息子さんが間違った行動をとったら息子さんを正し修正する手助けをするでしょう?」.....と

最初から当たり前の事と言えども、それに改めて賛同する事で、重苦しい自分の中のわだかまりを瞬時に手放す事ができ、ホッとしたのを思い出します。

世間ではカリスマトレーナー的存在のように言われるシーザーミラン氏ですが実際のところは犬の心理、行動学者であり人の皮を被った犬なのではないかと思ったりしています(笑)




最後に著書の中での一説を記します。

##############

世のなかには優秀な犬の訓練士が多くいて、犬に「スワレ」「マテ」「コイ」「ツイテ」という命令(コマンド)に反応するように教えます。
わたしはコマンドに従わせはしません。
わたしがやっているのは自然のなかでの
リハビリです。
わたしはまた、犬の心理学に取り組んでいます。これは犬の心と繋がり、望ましくない行動を修正する助けになります。
たいていの飼い主は、問題は犬の側にあると思っています。
そこで、クライアントによくこう言います。

【わたしが犬にするのはリハビリです。
訓練は人間のほうにします。】

わたしのリハビリ方法の鍵は「群れの力」です。。。

##############



シーザーの事は私の中では1度に説明することなど出来ない大きい存在の一人なので今後、ちょこまか引き合いに出していくことは確実なので、まずは軽く紹介させてもらいました。


鼻んとこマルっ #012


76b4ece6.jpeg







#012

何週間か経って、、少しずつだけど、、散歩のとき、私の近く

を歩いてくれるようになってきてる気がする…(^_^;)





と、話は変わって…



私、、20年以上街中に住んでいたのですが

そこをはじめて抜け出し、



「はじめ人間ギャートルズ」の様な所に越してきて

(なぁ~んにもない♪なぁ~んにもない♪…古っ)



知人も近くにいないし暇だろうからと、主人がスカパーに加入してくれた…



ほっといたら1週間位、平気で部屋で過ごせる人間にそんなシステムを…



まぁ1ヶ月は無料だから、まず映画をチェックして録れるだけ録って後に、ゆっくり見ればいいネェ~ッ♪  

(〇〇〇本頂きましたよ♪当たり前でしょ♪)



そうしていると、、

ザ・カリスマドッグトレーナー~犬の気持ち、わかります~

という番組を発見してしまったんです。



これは絶対録画!



サニーを迎え入れてからというもの犬関連のテレビ番組は全て録画必須になったんです。

(^_^;)



犬の事は何でも見てみて良い所は吸収し勉強しなきゃ!!



と…楽しみに放送初日♪

ヤラセ番組っぽかったら、即消してやろうと凝視…





??…?…!…!!!



すると何だこれって!?

初めての感じ!



凄く興味深い内容だったのですヨ!!





「ねぇ!ネットでこのオッサン調べてよ!本とか出してないか!?」

と直ぐに主人に頼みました。



そして即注文。



私の疑問、不安、心配etc…



みるみるうちにスッキリ解消していきました!



とにかくスタンスも何もかもしっくりと納得できる…!

気持ちがホッとしたという言葉が一番ふさわしい…





何といっても番組内で「レッドゾーンの犬」と呼ばれる、

人間を本気で噛もうとする超ヤバい犬を、

瞬時にリハビリし全く違う良い犬に変えてしまう…



百聞は一見にしかずです。



カリスマドッグトレーナーのシーザーミラン氏



番組の冒頭で彼は言います、、



「僕の仕事は犬の気持ちをくみ取ること」



「心の安定した犬は最良の友です」



「犬にはリハビリを、飼い主には訓練を」



「I am dog Whisperer」



何といっても私の腑に落ちない事や、モヤモヤした気持ちを

一気に明るく安心させてくれた…



兎に角シーザーを見習ってやると決意しました。



一に運動

二に規律

三に愛情…





間違いだらけの所も沢山あったけど

リハビリは何時からでもできるし、遅い事などない

というシーザーの言葉と奨励で更に前向きになり



とにかく真似から入って頑張ろう!





「シッ!!」

(シーザーが番組内でお決まりにやっている、犬を制止する動作…)



サニーは相変わらず首傾げ、、鼻んとこマルっ!





pic034p.jpg

 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R