初!雪山へ!!~扇ケ鼻&星生山no. 2


いざっ!出陣ーッ!





天候は快晴で見晴らしもperfectです!
結局、なんだかんだゆったりして登り始めた時間は10時近く...(^^;
毎度のことですが何処をどういうルートで登るのか説明されても分からないので聞いたふりしてジョーに丸投げ状態...(笑)





とにかく、久住の登ってない扇ケ鼻という所に行くってだけしか理解してません(^^;

今回は前回と同じく久住山&星生山へ☆no. 1☆
祭日だったにも関わらず、この気温の低さに加え積雪が深い事が理由なのか!?

登山者も少なく、出会う登山者は全員ベテラン選手って感じの方々ばかりで、流行り!?の山ガールは絶滅したかのようでした(笑)

雪山は足場が悪くて、土と雪解け水でベチャベチャと足下を汚し歩き辛く...
きっと...絶対...いや確実に不愉快であろうと勝手にイメージしていたのですが、全く真逆で一言でいって「超クリーン」だったのです♪



これだけ深く雪が積もってたら、土は勿論、階段、岩、段差...何もかもが雪下の遥か下にうもってしまい、全く違う道に変わっていて、何度も足を運んでいる同じ登山道とは思えないほどでした。



いつもは、そういった地面の段差等を踏みしめ、乗り上げ、避けたりしながら歩み進めて行くため、脚や膝は勿論、足首にもそれなりに負荷がかかります。





しかし、ここまで気持ちいいほど積もり、先行く登山者達が踏み固めた後の道は完全に凸凹の無い滑らかな雪の廊下のようになっていました。



ジョーが用意してくれていた6本爪のアイゼンも雪の上を歩くのには、絶妙でした。



この雪道でもしこれを装着しないとなると....
超デンジャラスナチュラル天然スケート場と化すこと間違いなしです。

「忍者ハットリ君じゃあるまいし、こんな刃物!?がついたようなの靴につけるわけ!?歩けると~!?」とかジョーに何時もの悪態をサラリとついてたことを少し後悔...(笑)

「初めてだから分かんなかったけど、 これ滑らなくてサクサク歩けて本当凄いね~♪」



とフォローすると....

「そ~やろ~だけん言うたろうが~♪」
と御満悦...(^^;

超安全歩行が可能な上、傾斜もいつもよりフラット感があり、とんでもなく歩きやすいもんだから調子にのって小躍りまでしていたら道を踏み外し腰の辺りまでズバッ!と入り込んでしまいました(°▽°)



一瞬ヒヤッとしましたが、とにかく雪がクッションになって体を包み込んでくれるので全く怪我もなく、無事でした(^^;




(ちゃんと真面目に歩いてくださいよ)

しかし、たまたまズバッ!とはまった所に岩など危険なものがなかったから笑い話にもなるんだから!と真面目に歩きなさいとジョーに諭され、その後は気を引き締め妙な小躍りも控えて歩き進めました...(^^;

まだまだ続く...(^^;
no. 3へ

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R