鼻の話。。


サニーのfoodが届きました。


箱を下に置いて、洗濯物を干しながらベランダから様子を見ていると一頻り隅々までクンクン匂いを嗅ぐと箱にピッタリ身を寄せて横に伏せ待機.....(^^;


しかし、鼻が利くと知ってはいても
箱の中で密封されたfoodの匂いが解るなんて、当たり前とはいえ.....
人には、その箱を開封するまで何が入ってるか解る事など到底無理な話です。。

そこで、改めて犬の鼻の話。

************


参考書

犬が臭いを嗅ぎ分ける能力は、その臭いにより異なりますが人の5000~1億倍あり鼻腔内の臭いを感じる細胞の合計表面積は、人では約5平方㎝なのに対し犬では18~150平方㎝もあり、更には臭いを識別する神経も優れています。



それには鼻の入り口にある臭いの収集装置(鼻平面)が重要な役割を果たしていて鼻平面が濡れていることで犬は臭いや、フェロモンの小さな粒(化学物質)の方向、強さ、種類などの情報を集め、集めた臭いは鼻腔へ、フェロモンは鋤鼻器(じょびき)へ送られ、その後、それらは脳に運ばれ脳で臭いやフェロモンの強さ・種類などを判断します。



**************

犬同士が挨拶の最初に行う、互いに向き合い鼻をつけ合う行為は、この分泌物を嗅ぎ合い、個体識別をしているという訳です。

さらに次の確認ステップで、お尻の臭いで情報交換します。
(肛門腺から出ている臭いから相手の性別、年齢、健康状態や自分より強いか弱いかなどを確認)

こうした行為の後、知らん顔されたり(逆も)
果ては唸られたりなど(逆も)といった
互いの反応を注意深く観察したら何かしら汲み取れるものがあると思います。
そういった事を飼い主として見逃すことは勿体ないかもしれません。

なので...人でいうと、目から入る情報が犬にとっては鼻ということになり、鼻の重要性が解ります。

それから犬が鼻面を食後意外でペロッと舐めたりするのはカーミングシグナルの1つで、不安や緊張を感じた時や逆に相手に落ち着いて欲しい時にも行ったりするようです。(私と向き合った時、よくしてるような...何故!?(^^;)

そして自ら舐めて湿らせてないのに濡れているのは、どうしてかというと。。

外鼻孔(がいびこう)の入り口近くに開く鼻腺からでる分泌物と鼻涙管から出てくる
【涙】のためらしいです。
(涙とは驚きでした...)


このように犬の鼻の能力を借りて、太古の昔から共に狩りをしたり、現在に至っては警察犬や救助犬アラート犬...
ありとあらゆる様々なことに生かし利用しているわけなので...

もう少し社会のなかで敬意を払っても罰は当たらないのではと思う反面、所謂家庭犬である愛犬にできることは...?

と考えたりして何かできる事を一緒に探ってみるのも楽しいかも...!?
なんて思いました。。

さて何をする??(^_^;)

(まだ3㌔圏内にはジョーは帰って来てない模様です!)


この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

へぇへぇへぇ~、 トリビアの泉(懐かしい)
面白い、なるほど・・・
また、ここの記事見れるよう、お気に入りに登録!!
肛門腺から出ている臭いで・・・あんなにたくさんの情報がゲットできるんだ・・・へぇ~です。
  • oldオードリー
  • 2013/10/17(Thu)21:45:03
  • 編集

オードリーさんへ♪

ホント懐かしい(^o^)私もよく見てました~!
ありがとうございます♪良かった~ヘェ~満点になれて!犬の行動やシグナルって本当に面白くて奥深いです♪
  • Arisa
  • 2013/10/18(Fri)08:45:14
  • 編集

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R