遠賀川.....


少し、暑さも和らぎ涼しくなったので、 またまた遠賀川へ、行ってきました。
この場所の利用頻度は相当ハードです(笑)


ここは、とても広大で駐車付近さえ注意し気をつけていれば、犬達を放し存分に走らせてあげる事のできる素晴らしい自然です。


平日で人は少なめと言えど、サイクリングコースをバイクで走る人やランナー、小さな子供連れ、ご年配の方々の散歩、犬の散歩.....確実に遭遇します。
t:213px;" />

そんな時、呼び戻しが出来ないと大変です。

以前、この場所で、呼び戻しはおろか、
完璧に戦闘体勢のシグナルを出しながら、猛スピードで、サニーに襲いかかろうと走り寄ってくる犬に遭遇した事があります。

その際、飼い主であろう、年輩の女性は、飼い犬の名前を叫びながら呼ぶも、興奮しきった、その犬の耳に届くはずもなく、必死に追いかけるも、犬の足にかなうはずもありません。瞬時に私達の直ぐ側まで走り寄ってきました。


当然、前に立ちはだかって制御しました。
興奮した、その犬が、少し落ち着いた頃、ようやく飼い主が走ってきたので、
大丈夫ですよ。と声をかけようと思っていたところ.....

その女性は、平謝りしながら自分の犬に
怒鳴り、手をあげ叩くジェスチャーを私達の前でしたのです。

速効気が変わり、「犬は短に反応しただけで、一番悪いのは、あなたですよ!」
と一喝する私の迫力に、驚きつつも、とにかく平謝りしながら犬を引きずって、女性は、場を早々に立ち去りました。

そんなエピソードがあったんですが.....

あの時の女性は、恐らく意味など全く理解できてなかったと思うし、飼い犬に悪かったという考え方にも及ばなかったんではないかと思います。
何故なら、他人に迷惑をかけてしまった時、全て自らが受け止めず、問題をすり替え、犬のせいにしたからです。

他人に迷惑を、かけてはならないのは当然ですが、逆に愛犬が、事故にあったり怪我したりする事を考えきれない思考回路.....
犬が気の毒です。
問題は犬云々以前の、人間側なんだと常に思います。

犬達にとって、自然の中、自由に走り回れる幸せな場所を、考えも心もない人間達の怠慢のせいで、狭まっていくことに怒りを覚えると共に、心が痛いです.....

当然、我が家は、呼び戻しは、出来ますが、それを諦めず努力し愛犬に教える事は愛情とかいう理由以前の問題だと思うのです。

飼い犬に尊敬される飼い主になる為には

人として尊敬できるような「考え方」ができる人間になる事なのかもしれません。



私自身、成長し努力し続けなきゃね。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

遠賀川広々としてますよね。
何時かは、行ってみたいです。

その年配の女性、追いつけないでしょうね。
自分と重なります。
名前を呼びながら、走る自分の姿が、目に浮かびます。
走っているようで、多分前に進んでないだろうな。
尊敬される、飼い主・・・耳が痛いです。
こういう状態に遭遇してしまうと、、アタフタして、パニック状態に、私自身なりそうです。
自分自身シュミレーションを、日ごろからしておかないと、頭も体も、ついていけないかもです。

がんばろっ・・・。
  • oldオードリー
  • 2013/09/10(Tue)10:10:33
  • 編集

オードリーさんへ♪

いえいえ、ただ呼び戻し出来ない自分を棚に上げてワンちゃんをしばこうとした
身振りが、妙にいらついただけですから。
リズちゃんなんて、トレーナーさんまでいてお利口さんなのに、またご謙遜(^^)!
  • Arisa
  • 2013/09/10(Tue)11:30:28
  • 編集

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R