ゼロ・グラビティ


私はめったに映画館に足を運んでまで鑑賞することってないのですけど…

劇場スクリーンならではの音響や臨場感が絶対に欠かせない作品で、興味をそそられた時だけは
(実際、それ系の作品はスルー率が高いのですが…)
見に行きます。

そんなわけで久々に夫婦で映画鑑賞なのでした。

「 ゼロ・グラビティ」



《監督/脚本/制作/編集》アルフォンソ・キュアロン
《キャスト》 サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー

サンドラ・ブロックといえば日本の震災時、多額の寄付と共にそのコメントが印象に残っています。



「幸運にもわたしはそういう支援できる環境にあるから、やるべきことを行っただけ、これまで意味をなさなかったお金が、必要とされる場所で理にかなった使われ方をしただけなの。またそれを寄付することで、新たな息吹が目覚めるとも思ったわ。日本人であろうとなかろうと、わたしたちはみんなつながっていると思っている。もし、同じような被害をアメリカが受けたら、日本はきっと同じことをしてくれるとも信じているわ!」

こんな素敵な事を仰る人格者なのです。

私がこれまで彼女の作品で好きなのは、、
「しあわせの隠れ場所」(原題: The Blind Side)2009年/米という作品でした。
これは実話を基にした映画で、とても奥の深いヒューマンドラマ。サンドラの演技がナチュラルで、その人となりが表れてるようで、彼女のことを一気に好きになったほどです...(^^;



今回の作品はアルフォンソ監督です。
主な作品は「天国の口、終わりの楽園」「リトル・プリンセス」「ハリー・ポッター」あたりはまぁ良いとして、他に目を通すと、、ありました!「大いなる遺産」(98年)イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの半自叙伝的な長編小説を基にした映画…

イーサン・ホークとグウィネス・パルトロー主演で、凄く深く心に残っている私の好きな作品の1つ。

ちょっとホッとしたところで、説明にもどります(笑)

ここから先は少々ネタバレでございます...(笑)



「地上372マイル、音を伝えるものは何もない、気圧もない  酸素もない、宇宙で生命は存続できない」

こんな言葉がスクリーンに映し出され静かに始まります。

無重力空間<ゼロ・グラビティ>での突然の事故で、宇宙の暗闇に投げ出されたメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士のマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)果たして二人は次々と襲いかかる危機を突破し、地球に帰ることが出来るのかー?

生と死…というお決まりの絶対的テーマを扱った作品である事は確かです。

まず内容はさておき、臨場感溢れる音響効果や3D画像も自然かつ迫力満点な仕上がりで、自分も宇宙空間にいるような錯覚を起こさせられます。



映像のアングルで新鮮だったのが、宇宙服のヘルメット内部にカメラが入り、ライアン視点でグルグル回転しながら宇宙空間に放り出されるシーンなどは、酔いやすい人なら注意が必要なほどのリアリティーでした(笑)

爆破償却で、粉々に破壊された人工衛星の破片が観客である私達の直ぐ目前まで猛スピードで飛んでくると思わず避けたくなりました(笑)

舞台は終始一貫して、とにかく宇宙!

そしてほとんど二人きりの登場人物と台詞…



シンプルだからこそ余分なものが削ぎ落とされ、作者が伝えたいことが浮き上がり色んなメッセージが伝わってくる完成度の高い作品だと思いました。

ライアンが男のような名前である事について、
「私の父親は男の子がほしかった...」
と、極端に簡単な説明で済ませた時、描かれていない背景が浮かび上がる気がしました。

保守的な家庭で育ち、不安定な自尊心のまま知的な宇宙飛行士となった女性...
自分のうつしみのような存在の娘の死と離婚...
過酷な宇宙空間の現実に追い詰められ
「私は天涯孤独だ」と完全に心を閉ざしてしまう。
というよりずっと以前から
「生ける屍」だったライアン....



一方、何事にも冷静沈着で常にユーモアのある話で周りを落ち着かせ誘導してくれる頼もしい存在のマット。

彼は混乱しきったライアンを落ち着かせるかのように常に質問をして彼女から話を聞き出したり何とも知れないバカ話をして、おどけ続けるが、自分の事にはさほど何も触れないし語らない。

そんな時、最悪な事態がおき
「君は生きて地球へ帰れ必ず生還すると誓うんだ」
と互いの身体を繋いでいたロープを自ら切り放す
一瞬で、自らの存在意義を全て表現する様は、胸が熱くなりました。



トラブルに次ぐトラブルから挫折し、一旦は緩慢な自殺を試みるライアン…
意識が遠退き一種のトランス状態となった時、マットの幻影が現れて言いました。

「帰りたくないのか?いいよ、残りたきゃ。だったらシステムを切り全て明かりを消せ。目を閉じて他人を占め出せ。誰も邪魔はしない。安全さ。ここは居心地がいい。傷つけるものは周りにいない。
静かで孤独な空間だ。だが、それで生きる理由がどこにある?
君は娘を失った。これ以上の悲しみはない。でも、 (今こうして)生かされている意味はある。
進むと決めればひたすら行ける。大切なのは、今をどうするかだ。大地を踏みしめ自分の人生を生きろ。」

この言葉は勿論マットの言葉ではなく、自らの奥底にある生存本能であり自分の中にあった真実の言葉だったのです。

そして勇気を奮い立たせライアンは再生します。

クライマックスのシーンも鳥肌ものでした。

「このミッションは嫌な予感がしていた...いや、話なんてどうでもいい!結果は2つしかないわ。
無事に生還して奇想天外な話を聞かせられるか、10分後に焼け死ぬかのどちらかよ!どっちだろうと、誰のせいでもない!結果はどうあれ、これは最高の旅よ!」

結果がどうであれ、後悔しない。

もう私は、なにものからも逃げない....。

マット!娘にそう伝えて頂戴!......

これは最高の旅よ......!

大まかに、こんな台詞だったと記憶していますが実際は、もっと素晴らしい内容だったかもしれません...(^^;

そして炎に包まれた機体で大気圏を通過し中国の海に落ち無事帰還します。

浜辺へたどり着き力強く大地を踏みしめて立ち上がったと同時にエンドロールが画面いっぱいに現れる...



とにかく胸があつくなること請け合いです!

珍しくパンフレットまで購入しちゃいましたので、パンフレット内の監督の言葉やその他の言葉を抜粋して最後に紹介します。



何かを《生み出す》ような生命力を感じさせる映画にしたかった
アルフォンソ・キュアロン監督

「死」と「誕生」を象徴する物語
町田智浩(映画評論家)

人間存在の内側にある深遠な真実
名越康文(精神科医)

「孤独とは、港からはぐれて大海を漂流することではなく、自分自身を、本当の自己を探す機会なのです。私たちが何者であり、この美しい地球にいられるわずかな時間に、私たちがどこへ向かっているのかを知るための」
アン・シャノン・モンロー(アメリカの小説家)

アルフォンソ・キュアロン監督
ーサンドラ・ブロックを主人公に選んだ理由についてー

~何が感動したかって、僕らは宇宙について話すこともなければ、テクノロジーについて話すこともなくて、とにかく映画のテーマについてのみ話し合ったんだ。

<それは、逆境に遭うということと、そしてそれを克服して、生まれ変わるということだった。>

僕もサンドラもそのときのプライベートな人生においてそういう状況に直面していたしね。
もちろん、基本的には、主人公が危機に直面し、そこから脱出するというスリリングな物語なんだけど、僕らはそこにより大きなテーマを描きたいと思っていたんだ。それでサンドラが、この映画のテーマを理解してくれているというのは明らかだった。だから、僕はそのとき、「僕のコラボレーターがここにいる」と思えたんだ。
決定的な瞬間に思えたんだよね。
実際、彼女の意見を聞きながら、脚本を変えていったしね....



絶対に観る価値のあるとても素晴らしい映画です!
映画館へ足を運んでみてはいかがでしょう?(^-^


この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R