シーザーミラン



私の敬愛するシーザーミラン氏

シーザーミランWikipedia
Wikipedia

シーザーミランのオフィシャルサイト
Cesar'' s way

シーザーミラン著書
あなたの犬は幸せですか

彼はカリフォルニア州サウス・ロサンゼルスにあるドッグサイコロジーセンター(犬の心理状態をリハビリする施設)という本拠地を構え「POWER OF PACK」というキーワードの基に活動しています。

そして現在は、捨てられた犬たちを引き取りたいと申し出ている飼い主候補の中から、ベストな飼い主を見つける番組「Leader of the Pack」に取り組んでいます。

その他、NON KILLシェルター、去勢手術推進活動、ペットショップで犬を買わないようにする活動等に力を入れ、シーザーミランファンデーションという組織も設立し、IACP─国際犬専門家協会からも認められているトレーナーです。

IACP IACP

シーザーの存在を知ったのはカリスマドックトレーナー犬の気持ちわかります~という番組でした。


その番組内で、最も面白いシーンは飼い犬が好ましくないダメ行動をとった時、直ぐ注意し「正す」(正すとは怒り等の感情を一切のせずに毅然と伝える事)ところでした。

その正し方の作法とは、犬に毅然と向き合い、確固たるエネルギーでそれを制止するのです(シッ!とか言いながら)

エネルギーと言ってしまうと、その漠然としたとりとめの無さが最初は胡散臭さにつながったりもしました。


しかしその意味合いが、「一歩も引かない気迫」という意味合いで理解された時、全てが私の中でしっくりと噛み合い、この番組全体にはっきりとしたテーマが見えてきました。

番組ではクライアント(依頼者)に対し独特のユーモアと相手を慮った分かりやすい喩えをもって飼い主の迷いや疑問を明確に晴らし教え導きます。

シーザーはよく言います、
「貴女の息子さんが間違った行動をとったら息子さんを正し修正する手助けをするでしょう?」.....と

最初から当たり前の事と言えども、それに改めて賛同する事で、重苦しい自分の中のわだかまりを瞬時に手放す事ができ、ホッとしたのを思い出します。

世間ではカリスマトレーナー的存在のように言われるシーザーミラン氏ですが実際のところは犬の心理、行動学者であり人の皮を被った犬なのではないかと思ったりしています(笑)




最後に著書の中での一説を記します。

##############

世のなかには優秀な犬の訓練士が多くいて、犬に「スワレ」「マテ」「コイ」「ツイテ」という命令(コマンド)に反応するように教えます。
わたしはコマンドに従わせはしません。
わたしがやっているのは自然のなかでの
リハビリです。
わたしはまた、犬の心理学に取り組んでいます。これは犬の心と繋がり、望ましくない行動を修正する助けになります。
たいていの飼い主は、問題は犬の側にあると思っています。
そこで、クライアントによくこう言います。

【わたしが犬にするのはリハビリです。
訓練は人間のほうにします。】

わたしのリハビリ方法の鍵は「群れの力」です。。。

##############



シーザーの事は私の中では1度に説明することなど出来ない大きい存在の一人なので今後、ちょこまか引き合いに出していくことは確実なので、まずは軽く紹介させてもらいました。


この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R