平尾台へ!


マラソンも無事に終わりその翌週…

前日ギリギリまで山へ行くか迷ったものの、流石に今週ぐらいは体を休めた方が良いという都合の良い理由から、かなり遅くまで一人宴会を続けたせいで、翌日はかなり寝すぎてしまい、折角の休日が勿体ない…(-_-;)とジョーからのボヤキ…

じゃあ早く起こしてくれればよかったじゃない!とかなんとか暫くすったもんだの会話の末…(笑)
近場の山なら何の問題もないでしょッ!
って事で昼過ぎから平尾台へ…(* ̄∇ ̄*)



一応、平尾台へ行く予定だという事を前日、友人の西村さんにメッセージだけ
送ってはいたのですが、ハッキリした約束をした訳でもないし、こんなに時間が遅くなったので、会えればラッキーくらいに思って駐車場に到着すると…

なんという事でしょ~ッ!
目の前で爽やか親子発見ッ! (๑°ㅁ°๑)‼✧
ドンピシャ過ぎて笑えました…



一気にヴルフトレッキングに早変わりしw 簡潔な話し合いの結果、大平山を目指す事に…♪



というのも、実はまたまたジョーが3月にクロスカントリーという大会にエントリーしているらしいのです…



「トレイルマラソン」~簡単に言うと地上で飽きたらない強者ランナーどもが集結し山の中を走行するという競技…w

そういった理由で、今回はその大会に向けての調査を含めたトレッキングです♪



登り始め、道端にほんのチョッピリだけ残った雪が冬の終わりを告げているようでしたが、立ち止まればやはり当たり前に体は冷やされ、足を動かし進んでいればジンワリ汗ばむほどの気候で、太陽は顔を隠していたものの、なかなか快適に進められました♪



今回は、西村さんの息子ヒロちゃんも一緒なので、比較的距離も短くて楽な羊郡原から大平山をまわるコースで登り進めました。





回を重ねる毎に登りや歩みのパワーがUP
しているヒロちゃん…♪
体力は勿論、精神面でも柔軟性のある逞しさがドンドン身に付いていってる様を見ると子供の成長って凄いなぁと毎回思わせられます…(*´ω`*)



皆でどんどん楽しく歩み進め途中でお昼ごはんを食べてエネルギーチャージします♪





充電完了したらまた力強く登り進め…



あっという間に大平山頂に到着♪(586,5㍍)





ヒロちゃんのように物理的な成長はもうないにしろ(笑)
まだ登山自体に不慣れだった頃こちらへ訪れた時に感じた疲労感というものは、もうこれっぽっちも感じられないほど、体は進化していて時々自分でも戸惑うほどです…
(* ̄∇ ̄*)



体は使えば甦るし使わなければ衰えの速度は早まるだけってことを痛感します…



が、しかし…使い過ぎたり、やり過ぎたりしてバランスを崩す事は「何事においても」本末転倒というものですし、本当に必要な時に余力も余裕も残っていない状態に陥れば、その影響を受けるのは自分だけに留まらなくなってしまいます…

何であろうと、のめり込んでしまって冷静さを失い周りが見えなくなってしまわないよう常に自分を見つめ立ち返る事が重要だと思うのです…

そのような考え方は山からもらった智恵のように思うのですが「バランス」を保つ事が何より難しい事なんだと何時も思います…



とにかく、いざ使わなければいけない時、使うべき時の為に大事にしなきゃいけないと思うので、ジョーにはくれぐれもやり過ぎは禁止ッ!と釘を刺しています…(`へ´*)ノ

といっても、結局はジョーに言う事で自分に言い聞かせてるようなものなんですけどね…(* ̄∇ ̄*)



だって…
私達は運命共同体であって「群れ」なのですから…(*´ω`*)U^ェ^U

そんなこんなで皆、無事に降り着いて駐車場で解散…♪



まだまだ素直に家に帰りたくない子供のように…有り余る体力を発散すべく我らが向った先は…

続く…♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村









この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R