鼻んとこマルっ #002

76b4ece6.jpeg


writen by Arisa


#002
近くのペットショップに、凄く可愛らしくて健康そうなボーダーの子犬が居る!
との情報が突然知人から舞い込んできたのです。

「一応、見るだけでも見に行ってみたら!?」と、その方…

主人の仕事が終わり次第、すぐさま車を走らせてそのペットショップに行き、
ショーケース内を見渡して発見した、その雌ボーダーの子犬!

可愛いぃ…

可愛いぃじゃないかぁ~!!
(そりゃ仔犬だし…)
(隣のケースの仔犬も、そのまた隣の仔犬も、全部可愛いわけですが…)


とにかく店員さんに言って抱かせてもらいました。

主人は、すんなり抱っこ。

私はというとおっかなびっくりで、子犬は抱っこした事ないし…
とか言いながら、何か拒否られた気もしてたんだけど、その時はまぁ深く考えず…

ひとしきり二人で撫でて可愛がった後、さすがに即決は出来ないので
特別に、数日間の取り置き状態にしてもらい
帰る道すがらまた話し合いです。

主人にどう思うか聞くのだけれど
これがなかなかハッキリした事を言わない…

それでも食い下がって聞いていくと

「俺は抱っこした瞬間“気持ちが通じあった」
ときたもんだ…

うーん…

まぁ可愛いかった事は確かだし、写真だけじゃなく実際に手で触って
色々な心配も無かったから…
ネットの方のワンちゃんに代金支払って最終決定する1日前に…

これも何かの縁かしらん!
とか何とか…
でも私の心の中は釈然としてませんでした…

だって条件は悪くないんだけど、雌だし…

でも可愛いかったし…

今考えたら完全に煮詰まった状態。

bc21-04.jpg

そして深夜、1時過ぎになってもまだ答えは出ず…
もうとにかく一晩寝て明日決めようという事でベッドに入ったものの
なかなか寝付けず、ネット仔犬の顔が頭から離れない…

そのまま布団の中でもまだ、何だかんだの話し合いは続き

「お前の中ではもう決まっとっちゃない?」
と主人の一言…

何が!? 
自分こそどっちでも良い訳!?
眠いから早く決着つけたいだけなんやないと!?
というほとんど言いがかりに近い言葉を私がぶつけるものだから、
喧嘩寸前の状態に

「お前がずっと犬さん犬さんて何年も言い続けて一緒に暮らすのが
夢だったんだから、俺はお前が選んだ方で全然構わないし、先に見つけた
ネットの雄犬の方だって気に入ってるんだから…」

と言ってくれたので、また気分は落ち着きました。

でも「気持ちが通じあった」だとか何だとか
聞き捨てなら無いことを言ってたやん!
と思いつつ…

素直じゃない私はしばらく思いつめていきました。

そのように意地っ張りな私のせいで、ややこしく長い押し問答に
陥ったのですが…
やがて混乱した頭も整理がつき、自分の気持ちにハッキリと気づきました。

“やっぱりネットで見つけた最初の犬さんにしよう!!”と…


次の日、仕事早いのに、ゴメン…ありがとうね。おやすみ…
という私の心の声…

とにかく私は、
良くも悪くも考えだしたら徹底して突き詰め、
真剣に答えが出るまでは諦めない上、話しが飛躍し過ぎて
中東問題から宗教問題まで…とてつもなく広く飛翔することもしばしば…
こんな性格の私に旦那が振り回されるという構図…

そのような経緯でサニーを迎え入れる事になったのでした。
bc21-01.jpg
 

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R