坊がつる~三俣山南峰直登!西峰制覇!no. 2☆

前回記事♪久住・坊がつるキャンプ泊!no. 1☆
毎度の事ですが、ルートも命もジョーに預けてるので丸投げ任せっぱなしです(笑)

今回は坊がつるから三俣山南峰へ直登し、そこから鉢を巡るというものです!



以前この斜面で人が亡くなってるという物騒な事前情報をジョーが詳しく説明してくれてるのに、まぁ何時もの事で気を抜かないように少々大袈裟に言ってんだろうと、この時はさほど気にも止めず呑気に構え、後々思い知らされるわけです....(°▽°)


(また旅立ちの時ですね...!)

兎に角、一刻も早く登り進め前回無念の思いで断念した三俣山,西峰&本峰!鉢巡りを、今度こそ絶対に制覇してやるぅ~ッ!と意気込んでいたワタクシ....

ある意味なぁ~んにも解らず、知らない事も幸せなのかもしれません(* ̄ー ̄) =3

見た感じ優しげなこの山は、登ってみると牙を剥く、かなり危険な山だったのです....(*_*)



目線の高さの巨大な岩を全身の筋肉で乗り超え、木の根っこや岩の強度を確認しながら体を引き上げ、超えた!と思ったら直ぐ様また目前に別の巨岩が立ちはだかり、それを超えたらまた次も、とにかくエンドレスに続きます....(*_*)

もう心臓が口から出るんじゃなかろうかというくらいの体力は勿論、気力も要されます...!Σ(×_×;)!


〈↑優しげな丸字に騙されちゃいかん!〉

一言で表すなら....正に究極のエンドレスリポビタンDの世界ですε=ε=ε=ε=\(;゜ロ゜)/\(;゜ロ゜)/

この登りは心も体もへし折られること間違いなしの登山道で、引き返す事も登り以上の危険を伴うので、行くも地獄、戻るも地獄の超~ッ!デンジャラスなのです!



殆んどクライミングです....(*_*)そんなバカでっかい岩場が数ヶ所あります!

後でGPS軌跡で見てみたら水平距離700㍍、標高差450㍍をほぼ最初から最後まで手も使いながら登り続けるわけです。(約2時間)


(だのに~まだ~歯を食いしばるですか?)

その上、平均斜度は33度で山肌は粘性の高い地面でズルズル滑るし、ロープは勿論のこと何の手掛かりもなくトドメの自分の身長以上の岩ッ!

案の定、交感神経が崩壊しそうな勢いが延々と続いたせいで、少々キレ気味になってしまった私。。

その苛立ちのままジョーに「これって何処までこの状態が続くん!?」
と詰め寄ってはみたものの、ここまで来るまでに私なんか比べ物にならない負担と様々な事を殆んどジョーが一人で賄ってる事を思い出したのです....(>_<)


〈↑殆んど頭の上が見えるような傾斜〉

それに加え足も完璧に完治していないのに楽しみにしていた私とサニーの為に仕事で疲れているはずの体で、ここまで連れて来てくれたのに...



直ぐ思い直してもう文句なんて一言も言えない!楽しんで絶対にやり遂げよう!と腹を括りなおしました。



私がこれからは先頭に立ち最後まで登って今まで全てを引き受けていたジョーを少しでも元気づけ今度は逆に私が引き連れて行く!絶対に諦めるもんか! (`・ω・´)!

という心理に至ったのです!

それからは今、思い返すと不思議なのですが、細心の用心はしながらも、グイグイ登り進める事ができ、何かネジでも外れたかのように全くといって疲れも感じませんでした!


〈↑吹っ切れ過ぎて無意識に千葉真一〉

アドレナリンの成せる技なのかも知れませんが…そんなこんなで殺人級のエンドレスリポビタンDの登頂もいつか終わりを告げます!

遂に三俣山南峰頂上へ到着しましたぁーーッ!(1743㍍)



ジョーが珍しくハイタッチ&ハグまでして感激してました!d=(^o^)=b


(僕も感激です!嬉しいです!)

当の私は興奮冷めやらず暫くポカ~ンとして別の登り口から登頂して来られた人達との会話で事の重大さをやっと理解しジョーとは大違いに時間差でジワジワ感動が押し寄せてきました。


(と!いうことで!オヤツ下さい!)

そんな三俣山南峰への直登に感謝です!



後でジョーと話すと、私がいつ根をあげるか、ブチ切れるか、根をあげて引き返す事もかなり厳しい、霧が濃くなり視界が閉ざされたらetc.etc...


(あぁ~♪待ってましたぁ~♪頂上オヤツ♪)

何のことない私とサニー(主に私)の事を心配していたのを勝手にジョーが疲れて凹んでると思い込んで、全くない男気を(笑)奮い立たせて野獣のようになってたなんて....(°▽°)=3


(クンクンクン...アリサから更に野生の匂いがしてきますよ!)

その上、直登の後、暫く休憩し「さッ!まだ鉢巡りが残ってるから行こうッ!((`◇´)ゞ-☆」とアドレナリン全快で全く疲れもなく言ってのけた私の顔をマジマジと暫く除き混んでたジョー...
「何か凄まじく目に力が宿っていて一瞬背筋が凍る思いがした」らしいです...(°▽°)


(頭を低くしときますね....)




(お願いですから後ろから食べないで下さいね!)

そんなわけでさすがに南峰からの鉢巡りは延期しようとジョーに丸め込まれ、程ほどに体をほぐしながら西峰到着で~すッ!(1678㍍)



絶景パノラマを暫し堪能し少し立休憩した後に記念撮影して此方を後にしました♪

(やっと帰る気になったんですね~♪)


(待って下さ~いッ!)

下りは今まで感じたことのない達成感と気分の高揚で全くの疲れも感じず1時間ほどで法華院温泉に辿りつき無事下山できました!


(お昼寝....させ....て...くだ...さ...い....Zzz)

今回のルート表~



もぉ少々続く...!(^^;坊がつるキャンプ泊!立中山♪no. 3 final☆

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

にほんブログ村に参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

最新コメント

[05/30 Arisa ]
[05/28 oldオードリー]
[04/17 Arisa]
[04/16 本宮 清]
[04/08 Arisa ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Arisa Jodai
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R